本文へスキップ

スピーカー専門店 A&Cオーディオは、こだわりの生活と音楽を楽しみたい方のためのショップです。

電話でのお問い合わせはTEL.045-567-5528

〒227-0046 神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-18-25




コンセプトダクトフランジ ACA-DF01-VPXXX

製品紹介

高品位な自作スピーカーシステムに貢献するダクトフランジです。肉厚な塩ビ管VPシリーズ各種サイズに適合するフランジです。通常の薄肉な射出成型品とは異なり、分厚いムクのレジンキャスト製です。上の写真の様にキャビネット外面に取り付ける(アウター)タイプと、キャビネット内部側のダクト端に取り付ける(インナー)タイプがあります。いずれもフレア形状になっており、風切り音を抑えつつ、バスレフ効率を最大限にします。リニアリティが良く、音量の大小に関わらず低音の質感が向上します。

※ 写真(↑)はキャビネットへの取り付け例です。ダクト本体や内貼りフェルト、接着剤は別途ご用意下さい。

<製品の特長>
・ ダクト両端のフレアー化による効率とリニアリティの向上、ノイズの減少。
・ 高剛性、重量級フランジによる制振効果で、しっかりとした低音を再生。
・ 高級感溢れる黒色シボ仕上げ。
・ ダクト全体を組み立てた状態でキャビネット穴に装着可能。

<アウターフランジ>
外周にツバがついており、キャビネット側の取り付け穴を隠しますので、美しく装着出来ます。

<インナーフランジ>
キャビネット側の取り付け穴よりも小さな径になっていますので、ダクト全体を組み立てた状態で、キャビネット穴に着脱可能です。

Mr. Hippoのひとくちメモ

Box外部/内部の両側のダクト端にフランジを装着すると、従来に無い高い効果があります。非常に効率が良くなりますが、バスレフ共振点でのピークが気になる場合は、ダクト内面にフェルトを貼ると良いです。フェルト貼りは気柱共鳴(ポン!というノイズ)が気になる場合にも有効です。下記ブログにも関連情報を掲載しています。

ブログHippo日記  バスレフダクトの調整と問題点


製品仕様

寸法は下図をご参考下さい。外径A、Bの寸法値は製品一覧表をご覧下さい。

<御使用時の注意>
塩ビ管との嵌め合い部は、製造時の樹脂収縮誤差のために、クリアランスを大きくしてあります。仮固定時は厚手の養生テープ等を巻いて嵌め合いを調整して下さい。(写真↑)接着時は充填型の接着剤を使用して下さい。接着剤はセメダイン社のスーパーXを推奨します。接着剤は塩ビ管端部の外周側面にたっぷりと塗布して、フランジに差し込んで数回転回まわすと均一に充填接着出来ます。フランジ開口側から覗いて、塩ビ管がフランジの中心からずれている場合は修正し、管を垂直(写真↑)にして固まるまで静置します。


製品一覧

製品名: ダクトフランジ


※ 価格は税込み表示です。


仕様 型番  外径 A 取付外径B 本体価格  税込価格
VP50、アウター ACA-DF01-VP50O 98mm 89mm \1,191- \1,286-
VP50、インナー ACA-DF01-VP50I 83mm --- \1,000- ¥1,080-
VP65、アウター ACA-DF01-VP65O 112mm 106mm \1,496- \1,615-
VP65、インナー ACA-DF01-VP65I 98mm --- \1,191- ¥1,286-


shop info店舗情報

A&Cオーディオ

〒227-0046
神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-18-25
TEL.045-567-5528
FAX.045-962-6370